1. HOME
  2. H体験談
  3. パチンコ屋で知り合ったギャル系人妻

深夜に読みたいアダルト情報 スーパータッチ

当サイトに掲載されている情報は万全を期しているつもりですが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害に関しても、当サイトは一切の責任を負いません。

パチンコ屋で知り合ったギャル系人妻

よくパチンコ屋で見かけるギャル系の人妻と知り合いセフレ関係になった時の体験談。

見た目とは裏腹にマゾ性癖のギャル人妻

僕は仕事が休みのときはよくパチンコに行くのだが、
よくホールで見かける女性がいた。
おそらく30代前半くらいの年で
茶髪の長い髪に化粧が濃くて派手目の女性。
いつも短いスカートを履いてきて
太ももを見せびらかすように歩いていた。
前から気になっていたので隣の台に座った時に
コーヒーをあげて話しかけみた。
意外に話しやすくて、そのやり取りを何度かしている内に
向こうからも話しかけてくるようになった。
次第にちょっとずつ仲良くなり、
彼女が人妻で旦那と同じ会社に勤めている事が分かった。
子供が帰ってくるまで暇つぶしに
よくパチンコに来ているらしい。
そして仲良くなるにつれて下ネタの話もする様になり、
彼女がマゾ性癖の人妻だという事が分かった。
これは是非とも一度試してみたいと思い
食事に誘った流れでホテルに向かってみた。
最初は驚いた表情をしていたが
大した抵抗もなくすんなりと部屋に入った。

ナンパされている金髪のギャル系人妻

部屋に入ると彼女はソファに座ってタバコを吸い始めた。
僕も隣に座りおっぱいを触ると
少し肉が付いているが柔らかいおっぱい。
そしてシャワーを浴びてベッドに移動。
お互いの顔を見つめ合いキスをしてゆっくりと
首筋から耳、胸を舐め回して彼女の肌を味わう。
可愛い喘ぎ声を上げる彼女の下半身を触ると
すでに洪水状態になっている。
甘酸っぱい汁にまみれて秘部を舐め回すと
対抗するようにシックスナインでフェラチオしてくる。
そして彼女を寝かせて膣内に挿入すると
程よい締め付けで肉棒を包み込んでくる。
思った以上の名器に興奮して荒めに腰を動かすと
声を上げて激しく身体をヨガらせる。
ぐっしょり濡れて愛液を彼女に魅せつけると
恥ずかしそうに目を伏せるが興奮しているようだった。
そしてさらに乱暴に腰を動かし彼女の身体に
精子をぶっかけた。
その後も彼女とセックスをしてベッドで話していると
年は僕より年上の30後半だと言われた。
予想外だったが見た目が若いので全然アリだ。
彼女とメールを交換しその後も定期的に会う関係になっている。